欧州に所在する外国市場に上場等されているREIT(不動産投資信託証券)を主な投資対象としています。

経済動向や不動産市場の分析等のトップダウンプロセスと個別銘柄の事業戦略、財務状況、
割安度分析等のボトムアッププロセスを融合した多角的な観点で、投資銘柄を厳選するとしています。



《 分類 》

アセットクラス : 国際REIT   タイプ : アクティブ   地域 : 欧州

運用会社 : 三井住友トラスト・アセットマネジメント
設定日 : 2014年11月18日   償還日 : 2024年8月14日


《 分配金 》

直近分配金 : 30円 (2015年4月より継続)

健全率 : 約148%   余裕月数 : 利子・配当等の収入範囲内

現在の分配金利回り : 4.35% (2016年9月16日現在)


《 評価 ( 私見 : 5段階 ) 》

パフォーマンス : 2   元本安全性 : 2   コスト(信託報酬) : 2 ( 約1.64% )


《 損益 ( 同ファンド ) 2016年8月15日 》

追加信託差損益金 : 約3.17億円

( 配当等相当額 : 約7.03億円   売買損益相当額 : 約-3.85億円 )

分配準備積立金 : 約3.89億円   繰越損益金 : 約-15.38億円


《 販売会社 : 買付手数料 》

SBI証券 : 1.89%   楽天証券 : 1.89%


《 考察 》

配当利回り : 3.44%   組入銘柄数 : 36

(2016年8月31日現在)


ファンドオブファンズ方式での運用です。

組入上位国では、フランスが約27%、イギリスが約26%、ドイツが約18%となっています。

組入通貨別では、ユーロが約66%、ポンドが約26%となっています。

組入物件種別では、商業施設が約40%、オフィスが約21%、複合型が約20%、

レジデンスが約13%となっています。


分配金の健全率は100%を超えており、毎月30円(1万口あたり)の分配金は、利子・配当収入からの

期間キャッシュフローで充当されているようです。


月次ベースでの資金流出入額では、2016年3月以降、解約が買付を毎月1から2億円程度上回っている

ようなデータも見受けられました。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune