国内系でトップクラスの資産運用会社である「三菱UFJ国際投信」さんからご招待を頂き、

昨日3月27日(火)の夜に東京・有楽町で開催された同社の「投信ブロガー・ミーティング」に

参加させて頂きました。 約25名程の著名な投信ブロガーの皆さんと一緒に、

たいへん有意義な時間を過ごすことが出来ました。

お声掛けを頂いた「三菱UFJ国際投信」の方々には厚く御礼を申し上げさせて頂きます。

本当に有難うございました。

MUFGプラチナプレミアインビテーション

( ブラックカードのインビテーション等、MUFGさんからは数々のご招待を頂いています。 )


ミーティングに内容につきましては、同社のノーロード・インデックス・ファンド・シリーズである

「eMAXIS」シリーズの概要説明に加えて、今後よりビジネスとして注力されるご意向の

「eMAXIS Slim」シリーズに関する詳細な説明を頂きました。


「eMAXIS Slim」シリーズのメリットとしては、ネット証券での販売専用ファンドの位置づけ

であることから、銀行窓口での販売と異なり、パンフレットや目論見書、運用報告書を

「紙ベース」にて用意する必要がなく、また販売金融機関への営業活動やサポートも軽減

できることから、ファンド運用におけるコストとしての「信託報酬」を、ビジネスとして極限まで

縮減し得ることが可能となる商品設計にあるものと認識させて頂きました。




さらに、4月3日に新しく設定される「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」のファンドに

ついても、より丁寧にご説明を頂きました。

これまでの先進国株式のインデックスファンドと異なり、ベンチマークとしてのMSCIに追随した

国別資産配分とは一線を画して、日本株式のウェイトを相当に高めたファンドになります。


投資家の視点から言い換えると、従来は「日本株式」と「先進国株式」の2つのファンドを、

ポジションを考慮しながら購入・保有する必要があったものが、

この「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」のファンドひとつで事足りることに

なりますので、株式のアセットクラスにおいて、より手間を掛けることのない長期投資には

さらに適合するものと見受けられます。



今回参加させて頂いた三菱UFJ国際投信さんの「投信ブロガー・ミーティング」は、たいへん

参考になりましたので、今後はさらに他の機会にも積極的に足を運んでみたいと思いました。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune