9月27日(営業日ベース)に投資信託を購入しました。(約定日は9月28日 受渡日は10月5日)

購入したのは、「フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド(毎月決算型)」 です。

米国・欧州・アジアの3地域のハイイールド債券を主な投資対象としているファンドです。

このファンドについては、6月23日に続いて3回目の購入になりますが、

私としては、今回初めて「NISA枠」を利用して投資信託を購入しました。

(これまではすべて「特定口座の源泉徴収あり」で購入して来ました。)


このファンドを購入した理由としては、

1.マーケット要因

9月27日(水)の15時直前において、

米ドル/円:100.90 ユーロ/円:113.40 

米債券市場については、9月26日(月)の終値ベースで、

米10年国債利回り : 1.599%

米国ETF(債券関連)に関して、

HYG : 86.38ドル  JNK : 36.35ドル


2.ファンドの計理要因

当該ファンドの計理上、追加信託差損益金が約65億円のプラス(2016年3月28日現在)

(2015年9月28日の約192億円よりは相当に減少)

分配金余裕月数 : 約31.1ヵ月  分配金健全率 : 約30.8%

( 分配金余裕月数、分配金健全率ともに2016年6月時点と不変 ) 


3.評価(外部機関)

レーティング : 3 (3年)    リスクメジャー : 2 (3年)
 

4.最大上昇率・下落率

最大上昇率 : 約63%(12ヵ月間)   最大下落率 : 約18%(6ヵ月間) 


5.投資家動向

2013年12月から2015年12月まで毎月50億円前後の買付超過だったが、

2016年1月からはやや一服。2016年3月から再び増勢。(英のEU離脱国民投票の6月を除く)

2016年8月で43億円の買付超過。 


6.コスト

SBI証券、楽天証券ともに購入手数料はノーロード

信託報酬は約1.47%だが、運用報告書の「1万口あたりの費用明細」で、

「その他費用」は1円、「保管費用」は0円


このファンドを選択した理由としては、前回に引続き

上記の2から6を勘案して総合的に判断しました。


購入タイミングの理由としては、

引続きグローバル型のファンドについては、組入れ通貨、

アセットクラス(または同一アセットクラス内でのカテゴリ)が複数に及ぶため、

購入・解約タイミングの判断にあたってコントロールが難しいのですが、

今回も為替相場の水準を優先的な判断基準としました。

 
毎度のことですが、今回も為替相場を確認しながら、

注文締切時間である15時の1分前である14時59分に発注しています。

もちろん、基準価格が算出される時点での為替相場はわかりませんが。


また主眼ではないのですが、9月27日(火)が月次での決算日のため、

分配金落ちに伴う基準価格の低下も考慮しました。

(分配金受取の場合、特別分配金に該当した部分が「すぐに」支払われてしまうのを避けるため)


一方、投資対象としては、米国ETFのHYGについて、9月26日(月)が86.38ドル(終値ベース)で、

6月よりも高い水準での購入になりました。

また9月23日(金) 終値ベースでの利回りは、

米ハイイールド債券が6.7%、 欧州ハイイールド債券が4.0%、アジアハイイールド債券が6.3% 

いづれもこれまでの2回の購入時点よりもかなり低下していますので、

安値でのバイアンドホールドを前提とした購入としては、決して良いタイミングではありません。

米ハイイールド債の場合、利回りベースで8%、国債金利に対するスプレッドベースで650bpは

下限として欲しいのですが、為替相場の円高タイミングを捉えることを優先しました。

ドル円の為替レートでは、7月上旬、8月中旬と並んで3回目の100円台の水準です。

トリプルボトム(三尊底)を形成し得るかについては、後講釈での結果論になりますが。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune



独身投資家の「別ウェブサイト」になります