2018年分の「ねんきん定期便」が郵送されて来ましたので、

読者の方のご参考までに、今年も金額を公表致します。 

3年連続で公表していますので、過去記事もどうぞご参照下さい!

ねんきん定期便

受給資格期間 : 315月 ( 以前の受給資格要件であった「300月」をクリア! )

保険料納付額 : 9,683,889円

加入実績に応じた年金額 : 1,184,037円  ( 2017年比 : +9,742円 )


「年金額」ですが、2016年分と2017年分の比較では、年額で「8,484円」の増加でしたので、

今回は「1,258円」のアップになっています。


一方、加入実績に応じた「老齢厚生年金」の部分は、2017年分と変わりませんでした。

2016年分と2017年分の比較で、「812円」も減少していましたので、

今回は下げ止まった状況です。

サラリーマンは45歳の時に卒業しましたので、以降は厚生年金に加入していません。

今回の増加分である「9,742円」は全て国民年金の加入実績が増えたことによるものになります。


引続きこのペースで行くと、60歳到達時点において、

年額でさらに約10万円ちょっとしか増加が見込めない状況になります。

65歳からの支給予定額は年額で約128万円。

ひと月あたりで10万円と少しでしょうか・・・


また、70歳まで支給を繰延すると、現在の制度では42%増しになるので、

約128万円 × 1.42 = 約181.7万円

ひと月あたりで15万円ちょっとの計算になります。




別途、以前の勤務先で厚生年金基金に加入していたことから、

「企業年金連合会」からの支給が年額で約20万円といったところになります。

( 但し、65歳から支給 )


さらに、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」にも加入していますが、

企業型確定拠出年金から移管したもので、移管の当初から「運用指図者」として加入しています。

( 運営管理機関は、以前の「スルガ銀行」から、現在は「大和証券」へ移管 ) 


こちらは毎年の支給を見込める残高ではありませんので、

60歳到達時点で一時金として全額受給のうえ、

この国の「年金制度」が福祉としての有効な機能を存続しているのであれば、

国民年金に対する「追納」や「延納」として利用する方針でいます。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。このエントリーをはてなブックマークに追加

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune