2016年12月末での、REIT各指数利回りと債券利回りの比較、及び私見になります。 

マンスリーでアップしていますので、ご参考になれば幸いです。

RWR






( REIT利回り  小数点以下2桁まで  2017年1月6日終値ベース )

日本 : 3.28%

米国 : 4.35%

オーストラリア : 4.62%

シンガポール : 6.13%
 

米国ETF : RWR 93.28ドル ( 2017年1月6日終値ベース )



( 10年国債利回り 小数点以下2桁まで )

日本 : 0.05%

米国 : 2.41%

オーストラリア : 2.68%

シンガポール : 2.44%



( スプレッド (リスクプレミアム) = REIT利回り - 10年国債利回り )

日本 : 3.23%

米国 : 1.94%

オーストラリア : 1.94%

シンガポール : 3.69%



米国・オーストラリアの長期金利上昇が一服したものの、REIT利回りの低下を受けて、

米国・オーストラリアのREITのリスクプレミアムは前月末よりも低下。2%を割り込む状況。


リスクプレミアムの観点から投資妙味があるのは、シンガポール、日本の順番ですが、

官製相場、かつ0%前後の金利である日本のリスクフリーレートを

ベースにすることに意味があるかどうかです。

資金調達年限がマイナス金利だからと言って、REITのデットファイナンスに伴って、

金利収入が見込めることはありませんので。

 

REITを投資対象とする投資信託の基準価格については、

国内REIT型は、2016年前半のレンジ相場から8月以降は軟調な相場展開の様相したが、

12月にやや持ち直しの動きも見られた印象。


米国REITの価格自体は8月以降はピークアウトした形で下落傾向が鮮明でしたが、

11月以降はボックス圏で推移の模様。

一方、為替相場がやや円安ドル高に振れたことから、米国REIT型ファンドの基準価格も

11月に続いてやや持ち直しているように見受けられます。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune