1兆円ファンドの「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」の陰に隠れている感もありますが、
レーティングでは優っているようです。


《 分類 》

アセットクラス : 国際債券   タイプ : ハイイールド債券   地域 : 米国

運用会社 : フィデリティ投信
設定日 : 1997年5月23日   償還日 : 無期限


《 分配金 》

直近分配金 : 60円 (2008年5月より継続)

健全率 : 約63%   余裕月数 : 約75ヶ月


《 評価 ( 私見 : 5段階 ) 》

パフォーマンス : 5   元本安全性 : 4   コスト(信託報酬) : 2 ( 約1.67% )


《 損益 ( 同ファンド ) 2014年11月25日 》

追加信託差損益金 : 約-29億円
( 配当等相当額 : 約-4.9億円   売買損益相当額 : 約-34億円 )

分配準備積立金 : 約12億円   繰越損益金 : -

《 損益 ( マザーファンド ) 2014年11月25日 》

追加信託差損益金 : 約7.7億円   次期繰越損益金 : 約217億円


《 販売会社 : 買付手数料 》

SBI証券 : 1.08%   楽天証券 : 2.16%


《 考察 》

ファミリーファンド方式での運用なので、「フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン・マザーファンド」が、
マザーファンドに当たります。

ファンドの特色として、「個別企業の信用分析を綿密に行うことでデフォルトリスクを回避し、
格付け引き上げが期待できる企業を選別し値上がり益の追求を目指す」との記載も見られました。

健全率、余裕月数ともに「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」より上回っているようです。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune