世界各国の高利回り社債を主な投資対象としています。

信用格付けがBB+/Ba1格相当以下の証券に純資産総額の80%以上を投資し、
高水準のインカムゲインの確保と中長期的なキャピタルゲインの獲得を目指すことを
運用方針としています。


《 分類 》

アセットクラス : 国際債券   タイプ : ハイイールド債券   地域 : グローバル

運用会社 : 新光投信
設定日 : 2010年10月8日   償還日 : 2020年9月25日


《 分配金 》

直近分配金 : 155円 (2014年7月より継続)

健全率 : 約40%   余裕月数 : 約40ヶ月


《 評価 ( 私見 : 5段階 ) 》

パフォーマンス : 5   元本安全性 : 4   コスト(信託報酬) : 2 ( 約1.66 % )


《 損益  2014年9月25日 》

追加信託差損益金 : 約0.64億円
( 配当等相当額 : 約0.81億円   売買損益相当額 : 約-0.17億円 )

分配準備積立金 : 約0.75億円   繰越損益金 : -


《 販売会社 : 買付手数料 》

SBI証券 : 3.24%


《 考察 》

ファンドオブファンズ方式での運用です。

米ドルコースのご紹介でしたが、投資対象とする外国投資信託における為替取引の対象通貨の違いにより、
6つの通貨コースがあり、円コース、米ドルコース、豪ドルコース、ブラジルレアルコース、
メキシコペソコース、トルコリラコースの6コースから選択できます。

米ドルコースの資産総額はまだ数億円台にとどまっていますが、
ブラジルレアルコースは400億円台に達しているようです。

地域配分では、北米が約70%、欧州が15%となっていますので、
グローバル型ではありますが、北米のウェイトが大きいです。

デュレーションは4年弱が定着しています。

分配金の健全率と余裕月数が多少気掛かりですが、これまで取り上げた他のファンドと大差はないようです。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune