8月24日から28日にかけて5日連続して投資信託を購入しました。

購入したのは、「MHAM USハイイールドファンド(毎月決算型)」

米国のハイイールド債券を投資対象としているファンドです。


このファンドを選択した理由としては、

1.マーケット要因

米国ハイイールド債券市場が軟調(米国の利上げを織り込む形)

米国ハイイールド債の利回り : 7.6% ( 2015年8月21日(金) )

米国ETFに関してハイイールド債券を対象とした「HYG」と「JNK」の水準が2011年10月以来となる安値

加えて円高ドル安(短期的に)で為替要因により基準価格が低下。米国利上げにより中期的に
円安ドル高を見込むのであれば、足許での一時的な円高ドル安は仕込むタイミングとして好都合


2.ファンドの計理要因

当該ファンドの計理上、追加信託差損益金がプラス圏

償還までの期間と分配金余裕月数の関係


3.評価(外部機関)

レーティング : 5 (3年)   リスクメジャー : 2


4.最大上昇率・下落率

特に下落率が小さく、長期保有での元本割れの可能性が低い
(あくまでヒストリカルデータによってですが)


5.投資家動向

約1年に渡って解約が上回っていたが、2015年7月は買付が上回る


6.コスト

同じカテゴリのファンドと比較して信託報酬が0.2%程度低い

楽天証券のキャンペーンである「初めての投資信託購入で買付手数料全額キャッシュバック」を
利用して、買付手数料が0


上記の1~4は、ここ3ヵ月間くらいは継続してモニタリングしてきました。

5~6は、現状での追い風と判断しました。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )





独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune