ポイントサイトの「げん玉」を経由して、銀行口座の開設を行い、1,800円相当を頂きました。


げん玉有効202004

上記のキャプチャーの下の方、

「ジャパンネット銀行」が13,000リアル(=1,300円相当)、

「新生銀行」が5,000リアル(=500円相当)、

合計で18,000リアル(=1,800円相当)。


実際には「現金」ではなくて、リアルという「ポイント」でのプレゼントなのですが、

おまとめポイントサイトの「PeX」にポイントを交換してから、

さらに現金化(=銀行口座への振込)という手順を取っています。





肝心の銀行口座自体の利用価値については、

「新生銀行」はTポイントがもらえたりするので、多少はメリットがありそうですが、

「ジャパンネット銀行」はちょっとどうも・・・


Tポイントを直接に現金化出来る唯一の銀行のようですが、交換比率がお粗末~

Tポイントが100Pにつき85円らしいです。

10,000Pを交換したら8,500円の受取で、1,500円も取られちゃう!


だったら「SBI証券」でTポイントを使って投資信託を購入して、

すぐに解約したほうが賢いでしょうか。


国内債券ファンドなら、金利が急上昇(=債券価格が急下降)しない限り、

ほぼTポイントとキャッシュを等価交換出来ます。

信託報酬がより安いインデックスファンドで、さらに信託財産留保額がない投資信託の銘柄

選択すればベストですかね!


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。このエントリーをはてなブックマークに追加
  

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune



独身投資家の「別ウェブサイト」になります