2019年11月における「資産運用」での収入になります。

SMBC日興証券での「個人向け国債」の購入に伴う現金プレゼントが、680,000円

日興個人向け国債現金プレゼント20191107

いわゆる「個人向け国債転がし」ですが、購入・解約に必要となる期間について、

同一の証券会社で繰り返す場合は、1回転させるのに14ヶ月が必要。

一方、異なる証券会社へシフトさせていく場合は、13ヶ月で済みますので、

こちらの方が投資効率では勝ります。




但し、ひとつの証券会社の店頭に対するリレーションは、その都度断絶されるので、

当該の証券会社からの「IPO配分」ついては、完全に影響が出てしまいます。


証券会社の店頭からの「IPO配分で見込める利益」と、

「個人向け国債の現金プレゼントにおける投資効率」を比較して判断する必要がありそうです。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。このエントリーをはてなブックマークに追加

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune



独身投資家の「別ウェブサイト」になります