2020年3月第3週はREITにとって悲劇的な1週間となりました。

苦肉の策として、単価の安い「インベスコ・オフィス・ジェイリート(3298)」を

買い下がりました。

インベスコNISA買付20200319

米国のリート市場も崩壊しているので、国別の配分比率を維持する観点からも、

インデックス重視の外国人投資家は圧倒的な「売り」のスタンスでしょうし~

S&P米国リート指数20200320


加えて、地方銀行による3月期決算対策REIT売りも重なって暴落となってしまったようですね~

未だに簿価よりも時価が50%下落したら、強制的に洗い替えとかしているのでしょうか???

今から約25年前、自分が某メガバンクの前身の都銀系にいた頃は、やってましたが・・・





上記にある10,000円ちょうどで購入した場合での予想分配金利回りは「約7.87%(税引き前)」。

簡易的に、次回(2020年4月期:393円)と次々回(2020年10月期:394円)の分配金より

算出しています。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。このエントリーをはてなブックマークに追加
  

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune



独身投資家の「別ウェブサイト」になります