電力・ガス・水道等を供給する世界の公益企業・公社およびその他の日常生活に
密接なサービスを行う企業が発行する債券を主要な投資対象にしています。

金利水準・流動性・信用力等を勘案して銘柄を選択し、インカム・ゲインの獲得と
信託財産の中長期的な成長を目指すとあります。


《 分類 》

アセットクラス : 国際債券   タイプ : アクティブ   地域 : グローバル(先進国)

運用会社 : ドイチェ・アセット・マネジメント

設定日 : 2009年4月30日   償還日 : 無期限


《 分配金 》

直近分配金 : 40円 (2010年12月より継続)

健全率 : 約79%   余裕月数 : 約170ヶ月


《 評価 ( 私見 : 5段階 ) 》

パフォーマンス : 3   元本安全性 : 3   コスト(信託報酬) : 2 ( 約1.55% )


《 損益 ( 同ファンド ) 2014年10月20日 》

追加信託差損益金 : 約60億円
( 配当等相当額 : 約139億円   売買損益相当額 : 約-79億円 )

分配準備積立金 : 約21億円   繰越損益金 : 約-8.8億円

《 損益 ( マザーファンド : ) 2014年10月20日 》

追加信託差損益金 : 約114億円   次期繰越損益金 : 約461億円


《 販売会社 : 買付手数料 》

SBI証券 : 2.16%   楽天証券 : 2.16%


《 考察 》

ファミリーファンド方式での運用です。

地域別では北米が約48%、欧州が約40%となっています。

組入れ債券の格付けとしては、平均としてA格水準でのポートフォリオを組成しているようです。

デュレーションは6~7年を維持しています。

設定以降では、月次で買付がほぼ一貫して売却を上回っているデータもありました。

為替ヘッジなしのコースもあり、無手数料でスイッチングが可能です。

資産総額を見ると、「為替ヘッジあり」が約1300億円、「為替ヘッジなし」が約270~280億円と
なっています。「為替ヘッジあり」が「為替ヘッジなし」を4倍を超えて上回っています。
このファンドでも投資家の安全姿勢が垣間見えます。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune



独身投資家の「別ウェブサイト」になります