日本を除くアジアの米ドル建てハイイールド債券等(転換社債を含む)を主要な投資対象としています。

債券への投資にあたっては、マクロ要因を含む社債市場の分析、発行体のファンダメンタルズ分析等の
信用リスク分析を行い、債券のバリュエーションを考慮して銘柄選定を行うとしています。

また、投資する債券は、原則として取得時においてCCC格相当以上の格付を取得しているもの、
もしくは運用委託先の格付基準によりCCC格相当以上の格付を付与されているものに限るとしています。

愛称は、「アジアブーケ」です。


《 分類 》

アセットクラス : 国際債券   タイプ : ハイイールド債券   地域 : アジア

運用会社 : 三菱UFJ国際投信
設定日 : 2012年7月12日   償還日 : 2022年6月10日


《 分配金 》

直近分配金 : 70円 (2013年2月より継続)

健全率 : 約122%   余裕月数 : 利子収入範囲内

現在の分配金利回り : 約6.3%


《 評価 ( 私見 : 5段階 ) 》

パフォーマンス : 4   元本安全性 : 4   コスト(信託報酬) : 2 ( 約1.74% )


《 損益 ( 同ファンド ) 2015年12月10日 》

追加信託差損益金 : 約2.1億円
( 配当等相当額 : 約2.2億円   売買損益相当額 : 約-0.1億円 )

分配準備積立金 : 約1.4億円   繰越損益金 : 約-0.6億円

《 損益 ( マザーファンド ) 2015年12月10日 》

追加信託差損益金 : 約0.6億円   繰越損益金 : 約12.2億円


《 販売会社 : 買付手数料 》

SBI証券 : 3.24%   楽天証券 : 3.24%

三菱東京UFJ銀行でも取り扱っています。


《 考察 》

ファミリーファンド方式での運用です。

国別配分としては、中国が約38%、インドネシアが約24%、香港が約12%となっています。

組入れ債券の格付けでは、BB格が約31%、B格が約59%で、平均格付けはB+となっています。

デュレーションは2.5~3.0年で推移しており、金利変動リスクはあまり高くない印象も受けます。

現状の月次分配金70円の前提では、組入れ債券からの利子収入で充当されており、
安心感はあります。

2015年初以降、月次ベースでのファンドの買付と解約がほぼ同額で均衡しているようなデータも
見受けられました。


以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

( スポンサーリンク )




独身投資家のパソコンは「マウスコンピューター」 サクサク動きます!
CPU : i5-8400(4GHz:TB時) メモリー : 16GB  SSD : 120GB  HDD : 1TB
高性能グラフィックボード搭載 : GeForce1050
マウスコンピューター/G-Tune



独身投資家の「別ウェブサイト」になります